2008年07月19日

カブドットコム証券、kabu.comPTSの新「呼値の刻み」採用について

〜これまでの呼値の刻みの最大10分の1で取引可能〜


 カブドットコム証券株式会社は、私設取引システム「kabu.comPTS」における取引所外電子取引市場機能の高度化と小口取引に対応したサービスの拡充として、7月18日(金)より呼値の刻みをさらに縮小し、これまでの最大10分の1といたします。
 平成20年1月より主市場と異なる「kabu.comPTS」独自の呼値の刻みを採用し、高い利便性を提供してまいりましたが、極めて小さい値動きにて取引するアルゴリズム取引など高度な取引が6月以降本格化し、より細かな呼値の刻みのニーズが出てまいりました。今回さらに呼値の刻みを縮小し、アルゴリズム取引の活性化による一層の流動性の拡充を図り、より利便性の高い市場機能の提供を目指してまいります。

posted by サービス君 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カブドットコム証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103194323

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。