2008年07月27日

SBI証券、「預り金自動スィープサービス」の提供対象拡大のお知らせ

信用取引をご利用のお客様にも「預り金自動スィープサービス」を提供


 株式会社SBI証券(本社:東京都港区 代表取締役執行役員社長:井土太良、以下「当社」)は、2008年8月4日(予定)より、住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:田中 嘉一、以下「住信SBIネット銀行」)が提供し、当社及び住信SBIネット銀行に口座をお持ちのお客様が利用できる「預り金自動スィープサービス」の提供対象を拡大し、信用取引をご利用のお客様にもご提供することといたしましたのでお知らせいたします。
 当社と住信SBIネット銀行が2007年9月に金融業界初のサービスとして開始した「預り金自動スィープサービス」は、住信SBIネット銀行にある当社専用の銀行口座(SBIハイブリッド預金)残高を、当社における株式等の買付代金に充当できることに加え、株式等の受渡代金も自動的に証券総合口座とSBIハイブリッド預金の間で精算が行われるサービスです。証券口座の「運用機能」と銀行口座の「決済機能」の緊密な連携により、資金移動のお手続きなしで証券取引が可能です。

 このたび「預り金自動スィープサービス」の機能を拡充し、これまでご利用いただくことができなかった信用取引をご利用のお客様にも、同サービスをご利用いただくことが可能となります。具体的には、SBIハイブリッド預金の残高を信用取引における信用建余力の計算、現引可能額の計算に利用できることとなります。さらに一定の委託保証金率を超過する資金をSBIハイブリッド預金で運用いただくことで、これまでは入金いただいても金利等を得ていただくことができなかった信用取引をご利用いただいているお客様も、金利収入を得ることができます。これにより証券口座で運用資金をより有効にご活用いただくことが可能となり、より多くのお客様に当社の提供する信用取引を資産運用の一手段としてご検討いただけることと期待しております。

 当社は、「預り金自動スィープサービス」のほかにも、追加保証金等自動振替サービス、アグリゲーションサービス、即時決済サービスなど、住信SBIネット銀行との連携サービスの提供により、お客様の利便性向上に努めてまいりました。今後につきましても、「顧客中心主義」の経営理念のもと、より一層のサービス拡充に努めてまいる所存です。


●信用スィープサービス(SBIハイブリッド預金)概要

※詳細につきましては当社WEBサイトにてご確認ください。( http://www.sbisec.co.jp/ )


以上


posted by サービス君 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103697235

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。