2008年03月25日

カブドットコム証券、自動売買「逆指値」のアクションに「不出来引成行」を追加

〜逆指値(特許第3875206号)等に加え、新たに「±指値」で追加特許取得、自動売買関連特許5件目〜


 カブドットコム証券株式会社は、3月31日(月)からの予定で、株式の自動売買「逆指値」のアクション(指定した条件に達した場合の注文執行方法)に、お客さまからのご要望の多かった「不出来引け成行(不成)」を追加します。

 今回は株式(現物・信用)への対応となりますが、今後は株価指数先物・オプション取引へも適用していく予定です。

 また、当社は「逆指値」を実現するために用いている自動発注システム(売買注文自動発注装置)について、特許権(特許第3875206号)を取得しており、すでに一部の証券会社からはライセンス料を得ています。当社の特許権に抵触する可能性のある他の証券会社に対しては、内容に応じてライセンス料を請求する等の行動を検討して参ります。

 なお、2008年2月に「±指値」に関連して、自動売買関連で5 件目となる特許権を取得しました。


●注文画面例<売りの逆指値:不出来引け成行>
*画像は添付資料をご参照ください。

 株価が450円以下になったら、460円の売り指値を発注、引けまでに約定しなければ引け成行で売り。

・時価470円の持ち株に、株価が450円以下になったら売りの逆指値を設定する際に、「不出来引け成行460円」を指定。
・「株価が450円以下になったら」の条件に達すると、「不出来引け成行460円」が取引所等に発注される。
・460円の売り指値が発注され、引けまでに約定しなければ引け成行となり引け値で約定する。
・ただし、ザラバ引けとなり引けでの約定がない場合は約定しない。

※「不出来引け成行」を指定した場合の注文期限は、「当日のみ」となります。
※「不出来引け成行」発注時でも、ザラバ引けとなり引けでの約定がない場合は約定しません。
※前場引けで「以下・以上」の条件に達した場合は、後場に「不出来引け成行」が発注されます。
※前場で条件に達し「不出来引け成行」が発注されたものの、指値で約定せずザラバ引けで引けでも約定しなかった場合、その注文は前場終了時点で失効し、後場には逆指値も不成も発注されません。
※対応チャネルは、IVR(自動音声応答)を除くすべて。インターネット、kabu マシーン、i モード、L モード、 Yahoo!ケータイ、EZweb、AIR−EDGE PHONE、モバイル、オペレーター。
posted by サービス君 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カブドットコム証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90916537

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。