2008年04月28日

松井証券、私設取引システム運営業務の認可取得について

PTS(私設取引システム)開設による即時決済取引の取扱い開始


 松井証券(以下「当社」)は、平成20年4月18日(金)、内閣総理大臣から「私設取引システム運営業務の認可」(以下「認可」)を取得いたしましたので、お知らせいたします。

 当社では、先般より、PTSを利用した即時決済取引の実現に向けて取組んで参りました。この度、本件に係る認可を取得いたしましたので、平成20年5月12日(月)より取り扱いを開始する予定です。なお、口座開設の受付については平成20年4月25日(金)より開始いたします。

 即時決済取引とは、取引所の普通取引で最短でも3日間のタイムラグがあった約定と受渡が即時に行われる取引です。即時決済取引により投資家が株式の売却を行った場合、売却代金は即時に受け渡されるので、例えば日計り取引の売却代金を同日中に同一銘柄の買付代金に充てることも可能です。即時決済取引の導入は、アクティブに取引するお客さまにとって、利便性を高めると同時に資金効率を飛躍的に向上させるものと考えます。

 松井証券は、今後も個人投資家の利益に資するサービスの拡充に努めてまいります。


【 即時決済取引概要 】(関連資料欄に表形式の概要あり)

 日 程:口座開設受付:平成20年4月25日(金)
      取引開始予定:平成20年5月12日(月)

 受 渡:即時(約定後、即時に行う)

 価格決定方法:市場価格売買方式1

 手数料(税込):1日の即時決済取引に係る約定代金の合計が100万円まで1,050円、
           以後100万円増えるごとに1,050円加算

 取引時間:日中(取引所の取引時間に準じる)

 取扱銘柄:東証一部上場銘柄、東証上場ETF・REIT2

 取引の種類:現物取引

 参加者:松井証券に口座を保有している顧客

*1:取引所の時価で買いと売りの注文を随時成立させる価格決定方法(「ミラー方式」のクロッシング)。
*2:外国銘柄を除く。

posted by サービス君 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 松井証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。